水道工事にかかる費用はどのくらいか

床が水浸しになってしまったなどの大きなトラブルに見舞われたら工事が必要になる場合がありますが、その際最も気になるのはやはり費用がどのくらいかかるかです。特に突然トラブルが発生したときには思わぬ出費となってしまいます。
しかし水道 工事はどのくらいの費用が相場なのかを前もって知っておけば、それに備えて貯蓄もできますし実際にトラブルが起こっても慌てずにすみます。

■工事の種類

工事には大きく三種類あります。一つ目は給水管引込工事で、水道管から建物の敷地内の水道メーターまで配管を引き込むという内容です。給水管を大きいタイプに取り替えたり管の素材を変えたりするのもこれに当たります。これらは自治体の管轄ではあるものの、費用は依頼者が負担することになります。
二つ目は屋内配管工事で、水道メーターから室内への配管の設置はもちろんカートリッジなどの部品交換やトイレのつまりなどのこまごまとした対応もこれに含まれます。
三つ目は下水道排水工事で、排水口から汚水ますまでの配管を行い、建物によっては浄化槽の設置などが義務付けられている場合もこれと同等です。水道業者ごとにそれぞれの分野において得手不得手があることも考えられますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

■費用の相場

工事内容別のおおよその費用相場は、給水管の引き込みですと30万から50万円程かかると言われています。室内の配管であれば10万から20万円程度ですが、どのくらいの規模かによって料金には大幅な違いが出てきます。
下水道排水工事には20万から50万円程かかるとされていますが、これも上水道とセットの場合は値段が変わってきますので覚えておきましょう。一方水漏れやつまりなどの簡単なものは1万円程度で済むこともあります。ただし、水漏れの場合パッキンなどの交換で終われば安いのですが、配管の損傷が原因であれば高額になりますので確認が必要です。複数の原因が重なり合って複雑になると費用も上がりますので、事前に見積もりを依頼して数社を比較してから選ぶのが賢明です。

■まとめ
水道工事は大がかりなものから部品交換程度のものまで多種多様ですので、費用も内容によってかなりの差があります。いつ何が起こってもいいように急な出費に備えて貯蓄しておくことや、何も起こらないように定期的に点検をしておくことが大切です。老朽化によるトラブルは未然に防げますので、平穏な日常生活を送れるよう普段から心がけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ